トップページ > キャッシング関連の気になるニュース

キャッシング関連の気になるニュース

143件中 71-80件目 <<前の10件 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 次の10件>>
  • 新生・あおぞら銀、統合へ基本合意 国内6位に浮上 (フジサンケイ/06月25日)

     経営統合交渉を進めていた新生銀行とあおぞら銀行が来年中に統合することで基本合意したことが25日、明らかになった。7月初旬にも正式発表する。世界的な金融危機で両行とも平成21年3月期決算で大幅な赤字を計上。統合により財務基盤を強化し、生き残りを図る。統合後の総資産は18兆円を超え、中央三井トラスト・ホールディングスを抜き国内6位に浮上する。
  • 独立系貸金 強まる逆風 武富士・アイフル 資金調達で苦戦 (フジサンケイ/06月17日)

     消費者金融など国内の貸金業者数が6000社を割り込み、この1年間で約3000社減少するなど「淘汰(とうた)の嵐」が吹き荒れている。今後、貸付額を年収の3分の1までとする改正貸金業法が完全施行されるほか、過払い金返還請求も高止まりするなど取り巻く経営環境は、さらに厳しさを増しそうだ。
  • セブン銀、カードローン参入 上限10万円、ATMで24時間 (日本経済新聞/06月12日)

     セブン銀行は2010年1月をめどに、個人顧客を相手にしたカードローン事業に参入する。貸し出しの上限を10万円程度に設定し、セブン銀のATMで24時間借り入れ・返済ができるようにする。現金引き出しや振り込みなど決済サービスに特化してきたが、ATMでの少額・短期の借り入れ需要が高いと判断した。ATMのサービスを拡大し、新規顧客の獲得につなげる。
  • フィデック、ポケットカードと業務委託契約を締結 (プレスリリース/06月09日)

     フィデック(以下、「当社」)は、ポケットカード(東京都港区、代表取締役社長:渡辺恵一)と下記の通り業務委託契約(以下、「本契約」)を締結しましたのでお知らせいたします。
  • 消費者金融:大手2社が最終赤字…「過払い利息」返還で (毎日新聞/06月08日)

     消費者金融大手4社の09年3月期連結決算が14日出そろった。利息制限法の上限金利を超えた「過払い利息」の返還請求が相次いだことから損失が拡大し、最終(当期)損益はプロミス武富士が2年ぶりの赤字に転落。アコムアイフルは黒字を確保したが、大幅減益だった。
  • 三井住友銀行:オリックス・クレジット買収を正式発表 (毎日新聞/05月29日)

     三井住友銀行は7日、オリックスの消費者金融子会社、オリックス・クレジットを買収すると正式発表した。買収金額は公表していないが、約300億円とみられる。三井住友は新たな顧客基盤の拡大につなげたい考えだ。
  • 【お財布術】「個人間融資」編 無担保・無保証 日本初の会員制サイト人気 (フジサンケイ/05月26日)

    ネットが結ぶ おカネの縁  無担保・無保証でお金を借りたい人と、お金を貸して金利を得たい人をネットで結ぶ日本初の会員制サイト「maneo(マネオ)」(妹尾賢俊社長)が話題を呼んでいる。景気の低迷で生活資金などを求めて融資を申し込む人が相次ぐ一方、金利収入が見込める貸し手側の思惑もあり、ローン総額7100万円以上、会員数約7500人と規模は拡大の一途。日本初のソーシャルレンディング(個人間融資)仲介サービスを紹介する。
  • 新生銀行:最終赤字1430億円に拡大 3月期予想 (毎日新聞/05月25日)

     新生銀行は7日、09年3月期連結決算の業績予想を下方修正し、最終(当期)赤字額が従来予想の480億円から1430億円に拡大すると発表した。保有する米欧の証券化商品の評価損が拡大し追加処理が迫られたことや、繰り延べ税金資産を取り崩すのが主因。
  • りそなHD:ローン利息、1400万円過大請求 りそな銀などで扱う一部カードローン (毎日新聞/05月19日)

     りそなホールディングスは18日、傘下のりそな銀行と埼玉りそな銀行で扱う一部のカードローンで、利息制限法で定める上限金利(年18%)を超す利息を顧客に誤って請求していたと発表した。
  • クレディセゾン、555億円の大幅赤字 (産経新聞/05月18日)

     クレジットカード大手のクレディセゾンが15日発表した平成21年3月期連結決算は、不動産事業の再編に伴い、最終損益が555億円の大幅赤字となった。
143件中 71-80件目 <<前の10件 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 次の10件>>