トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > ま行 > 民事再生法

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

民事再生法

民事再生法とは、経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律です。従来、同じ目的で用いられてきた和議法(2000年4月1日民事再生法の施行に伴い廃止)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決用件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指したものです。手続きを利用できる債務者の範囲については法律上の制限はなく、個人、株式会社その他の法人などが利用できますが、主として中小企業の再生に用いられることを想定したものです。しかし、上場企業その他の大企業も利用しています。従来の経営陣が事業の経営権を喪失し、管財人がその経営に当たる会社更生法と違い、経営陣の刷新は法律上必須ではありません。従来の和議法では、破産原因のあることが手続き開始の要件とされていたため、手遅れの傾向がありましたが、民事再生法では「破産手続開始の原因の生ずるおそれ」または「事業の継続に著しい支障をきたすことなく債務を弁済できないこと」とされ、より早い段階で手続きを開始することができるようになりました。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行