トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > ま行 > みなし弁済

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

みなし弁済

みなし弁済とは、1983年、「出資法」の金利引き下げに伴い、貸金業者が不利益にならないようにとの政治的配慮からできた「貸金業規制法」(貸金業の規制等に関する法律)の43条のことです。これは、債権者が、本来なら「無効」であるはずの「利息制限法」に定められた利率を超える利息を、債務者に請求し受領する正当な権利を定めたものです。みなし弁済が認められるためには、貸金業者は次の5つの要件すべてを満たし、かつそれを自ら立証する必要があります。1.業者が貸金業者としての登録を受けていること 2.業者が貸付を行う際に、貸金業規制法17条で定める各記載事項を1枚の用紙にすべて記載した契約書を交付していること 3.業者が弁済金を受領する際に、貸金業法18条に定める受取証書を直ちに交付していること 4.利息制限法を超える約定利息を、債務者が利息と認識した上で支払ったこと 5.利息制限法を超える約定利息を、債務者が利息として任意に支払ったこと みなし弁済の適用に関しては、最高裁も厳しく判断を行う立場を明確にしており、現実的には、裁判ではみなし弁済はほとんど認められていません。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行