トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > わ行 > ワラント債

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

ワラント債

ワラント債とは、一定期間内(権利行使期間)に、発行会社の新株を一定価格(行使価格)で、一定数量買い付けることができる権利が付与されている社債のことです。この権利を「新株予約権」もしくは「ワラント」と呼びます。「新株予約権(ワラント)」は行使価格が一定であるため、権利行使期間内の発行会社の株価によって利益にも損失にもなる特徴があります。しかし、社債部分(エクスワラント)は普通社債と同様に元利金の支払いが保証されています。2002年4月、商法改正以前の新株引受権付社債(ワラント債の非分離型)と転換社債は、商法改正に伴い、新株予約権付社債の名称に統一されました。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行