トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > シンジケート団

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

シンジケート団

シンジケート団とは、大型の資金調達に関して、新規に発行される有価証券を引き受けるために銀行や証券会社などの機関投資家で結成される関係業者の団体のことです。通称で「引受シ団」「シ団」ともいわれます。以前は、新規に発行される国債を引き受けるための組織のことも指しましたが(国債引受シンジケート団)、2004年10月に始まった国債市場特別参加者制度に移行することから2006年に廃止されています。新規に発行される有価証券の募集・売出しを強力化し、消化するために組織されます。金融機関のメリットとしては、協調融資によって1行あたりの融資額が少なくなりリスクを減らすことができます。シンジケート団を結成し、同一の条件・契約に基づいて複数の金融機関から資金調達をすることを「シンジケートローン」といいます。シンジケート団が結成されるには、まず資金調達が必要な依頼主(企業)がアレンジャーとなる金融機関を選定します。アレンジャーは貸出条件を検討し、案件組成能力を駆使して機関投資家を選定、取りまとめてシンジケート団を結成し、依頼主とシンジケート団の仲介役となります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行