トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > か行 > 契約者貸付

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

契約者貸付

契約者貸付とは、契約している生命保険の解約返戻金の一定の範囲内で貸付を受けることです。保険期間中に資金が必要になった場合、その保険を解約せず保障を契約通りに継続させ、配当金がある保険であれば配当金を受け取る権利も継続させたままで資金調達をする方法として、ほとんどの生命保険会社が行っている貸付ですが、保険の種類によって貸付可能な金額が異なるものや貸付を受けることができないものがあります。貸付を受けるためには所定の書類の提出が必要とされ、生命保険会社によっては発行されたカードを使って自社や提携先のATM・CDから貸付を受けることができるようになっています。貸付金はその全部あるいは一部をいつでも返済することができ、生命保険会社の窓口に持参する方法や返済案内に同封された振込用紙での返済、ATM・CDからカードを使用して返済する方法などがあります。契約者貸付の貸付金には所定の利息(複利)がつき、契約日によってその利率が異なりますが、平成6年4月1日までに契約した保険の場合で契約者貸付の利率を5.75%(年利)に設定しているところが多いようです。平成11年4月2日以後の契約では3.0%(年利)などと低く設定されていますが、これは保険商品そのものの予定利率と連動しています。未返済金がある状態で解約・満期・被保険者の死亡などがあれば解約返戻金・満期保険金・死亡保険金から未返済貸付金の元金と利息が差し引かれて支払いが行われます。契約者貸付を受け、返済をしないまま放置すると発生した利息は毎年元金に繰り入れられるため、追加の貸付けを受けなくても貸付金の残高はどんどん膨らんでいき、その残高が解約返戻金を超え、保険会社から通知された金額を所定の期日までに払い込まなければ保険契約は失効してしまいます。なお、保険期間満了前の一定期間は契約者貸付を取り扱わないとしている保険会社もあります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行