トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > わ行 > 割引手形

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

割引手形

割引手形とは、受取手形のうち、手形の満期が到来する前に金融機関(銀行)で割引きされた手形のことです。企業会計上のバランスシート(貸借対照表)で使用される勘定科目の、流動負債の部の仕訳のひとつでもあります。現金化ではありますが、支払人が満期日に支払いを拒絶した場合には不渡りとなり、割引きを依頼した銀行への債務になります。手形を割引いた時点では自社の収益と確定しないため、流動負債の部へ仕訳するようになっています。また、満期が到来する前の受取手形を、銀行などの金融機関に裏書譲渡し、満期日までの利息や手数料を差し引いた金額で売却する行為を「手形割引」といいます。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行