トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > 消費者金融

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

消費者金融

消費者金融とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付(小口融資)のことです。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがあります。出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)に基づく範囲内の金利で貸し付けるもの(最高年利29.2%、ただし閏年は最高年利29.28%)とこれ以上の金利で貸し付けるもの(いわゆる闇金融)があります。但し、貸金元本が10万円未満は年利20%、10万円以上100万円未満なら年利18%、100万円以上なら年利15%を上限とする利息制限法は、罰則はないものの強行規定(強行法規)です。強行規定は、公序良俗を具体化したものであり、公の秩序を維持することを目的とすることから、罰則の有無にかかわらずこれを遵守しなければならないとされます。契約について強行規定に反する部分は無効となります。【登録】貸金業者は、貸金業法(第3条)に基づいて、二以上の都道府県の区域内に営業所又は事務所を設置する場合は内閣総理大臣(財務局)の、一の都道府県の区域内の場合は都道府県知事の登録を受けなければなりません。無登録で営業している闇金融は貸付そのものが違法行為として処罰の対象となります。しかし、近年は、合法的な正規の事業所としての実体がないのに都道府県登録を申請することがあります。特に都京都に登録しているものもあり、このようなものは「十日で一割」ならぬ「東京都知事(1)第XXXXX号」(=貸金業登録番号)からトイチ業者と呼ばれています。このような業者は、登録後、スポーツ紙などで広告することがあります。【呼称について】1970年代頃は、サラリーマンを対象にした業者が多いとして「サラ金」(さらきん、「サラリーマン金融」の略語)、あるいは市街地(街中)に営業所があることから「街金」(まちきん)と呼ばれていました。しかし、1980年代頃からは、女性(OLや主婦)や自営業者などの契約も多いとして、「消費者金融」の名称が良く使用されるようになりました。その背景には、過剰な融資や高金利、過酷な取り立てにより、「サラ金地獄」という言葉がたびたび使われるようになって、「サラ金」のイメージが著しく悪くなったことから、魚介が新たな名称として「消費者金融」の使用を推し進めたことがあります。なお、「サラ金」の呼称以前に1960年代頃は「団地金融」や「勤人信用貸」(つどめびとしんようがし)という呼び方もありました。また、高い金利を特徴とすることから「高利貸し」とも呼ばれます。英語圏国家では高利貸し、闇の金融業者は「loan shark」(借金の鮫、サメ金)と呼ばれます。loan sharkの取り立てにしばしば脅迫、暴力が伴います。消費者金融は「サラ金」と呼ばれることも多いですが、社団法人神奈川県貸金業協会は、2005年10月4日に当時の会長;吉野英樹が『サラ金』と呼ばないことを求める会長声明 を出しています。なお、日本の法令用語にサラ金や消費者金融などの語は存在しません。【主な消費者金融】[大手6社]大手消費者金融専業会社のうち、武富士・アコム・プロミス・アイフル・レイク・三洋信販を指します。当初、レイクを除く各社が1997年2月に消費者金融5者連絡会を結成。同年5月にレイクも加入し消費者金融連絡会と改称。連絡会のテレビコマーシャルに登場するタパルス(TAPALS)博士は加盟会社の頭文字を本社所在地の東から西に並べた(Takefuji・Akom・Promise・Aiful・Lake・Sanyo)ところから名付けられたものです。「レイク」は後に、米・GEキャピタル傘下のGEコンシューマー・ファイナンスとなり、2003年4月に連絡会を脱退しました。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行