トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > は行 > 保証会社手数料

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

保証会社手数料

保証会社手数料とは、ローン契約の際、信用保証会社に保証を委託するときに必要な事務取り扱い手数料のことです。保証会社というのは、公庫で融資を受けた場合は、財団法人公庫融資保証協会、民間で融資を受けた場合は各金融機関と提携している民間の保証会社のことを指します。住宅ローンやマイカーローンなどの返済が6ヶ月以上滞ると全額繰上返済を貸し手から求められます。それができない場合は、身内や知人を保証人としてたてて依頼するか、それもできない場合は保証会社に依頼します。すると保証会社が代わりに返済します。ローン契約の際にはこのような取り決めも含めて、保証会社は契約についてのすべての事務処理を借り手に代わって行います。それに対する手数料がこの保証会社手数料です。場合によっては、保証を委託するための費用である保証料とは別に、3〜5万円程度かかるときもあります。また、資金に余裕が出て繰上返済をしたいときや契約の条件変更を行う場合にも、金融機関に支払う手数料とは別に、保証会社への手数料として数千円〜1万円程度必要なときもあります。保証会社は大抵の場合、借り手が自由に決められる訳ではなく、融資する金融機関が指定します。金融機関が指定する信用保証会社の保証を得られることがローン契約の条件になっていることが多いようです。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行