トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > た行 > デットデットスワップ

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

デットデットスワップ

デットデットスワップ(DDS)とは、「Debt Debt Swap」の略で、債権者が既存の債権を、別の条件の債権に変更することです。特に、金融機関が既存の貸付金を、他の債権よりも劣後する劣後ローン(劣後債)に変更することを指し示す場合が多くあります。貸出先中小企業等の再建の一環として行われています。実質的に貸出先中小企業等の過剰債務の状態が解消され、信用力が高まり、再建の可能性が高まることなどが期待されて実施されています。劣後ローンであれば約定期限経過後に元本の回収が可能となるので、金融機関としては、株式のキャピタルゲイン(値上がりなどによる利得)を期待しづらい場合が多い中小企業等においては、デット・エクイティ・スワップより行いやすいといえます。なお金融庁の「金融検査マニュアル別冊[中小企業融資編]」では、一定の要件のもとに貸付金を劣後ローンに変更した場合、金融機関の自己査定における債務者区分等の判断において、劣後ローンを資本とみなすことができる、とされています。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行