トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > た行 > デットエクイティスワップ

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

デットエクイティスワップ

デットエクイティスワップ(Debt Equety Swap)とは、財務改善の手法の一つで負債と資本との交換です。貸し手の立場からは、債権を元手にした出資を意味します。日本語で「債務の株式化」と表現されることや、DESと略して表されることもあります。具体的には、例えばある会社の社長が自社に対して3000万円を貸し付けていたとすると、DESでは会社がこの3000万円を社長に返します。しかし、実際には会社には返すお金がないので、社長は返してもらった(ことになっている)3000万円を会社に増資します。この操作により、実際のお金は一切動いていませんが、会社としては返済義務のある借金が減り、返済の必要のない資本が増えることになります。バランスシート上も、自己資本比率が改善します。この手法は企業規模にかかわらず広く用いられており、例えば産業再生機構などの再生案件でも頻繁に見られ、銀行が債権を放棄する代わりに、DESを行うなどしています。しかしながら、安易なDESを抑制するため、2006年5月から施行された新会社法では、債権の「時価」(資産の価額)に応じたDESしか認めないこととされているため注意が必要です。【貸し手側のメリット】銀行が貸した先の会社が債務超過などになった場合、その分銀行の資産が減ることになります。その点DESであれば、貸したお金がなくなる代わりに相手の会社の株式が手に入るため、銀行の資産が減ることはなく、債権放棄よりも抵抗感が少なくなります。その会社がきちんと再建して上場でもすることになれば、大きな差益も期待できます(ただ実際には株価が低下するという問題があるため、銀行が当該株式を売却して利益を得ることは稀であると思われます)。【借り手側のメリット】借金の返済を免除してもらえることです。しかし、「現物」出資された債権の額面と債務の評価額(時価)との差額が「債務消滅益」となり、一定の条件以外は課税の対象となります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行