トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > は行 > 法定金利

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

法定金利

法定金利とは、金銭消費貸借契約における、法律で定めた上限金利のことです。金銭消費貸借契約における上限金利は、基本的には利息制限法で定めている金利(元本10万円未満は20%、元本10万円以上100万円未満は18%、元本100万円以上は15%)が適用されます。しかし、一定の条件が満たされている場合には、出資法が適用されて、上限金利は29.2%が適用されます。しかし、利息制限法には罰則規定がないために、消費者金融商工ローン業者の多くは、一定の条件を満たさないままに、利息制限法を超えた金利になっています。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行