トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > は行 > ベンチャーキャピタル

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタル(venture capital、略称VC)とは、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う、投資会社(投資ファンド)のことです。主に高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行います。彼らは、資金を投下するのと同時に、経営コンサルティングを行い、投資先企業の価値向上を図ります。担当者が取締役会等にも参加し、経営陣に対して多岐にわたる指導を行います。また、ジャフコや大和SMBCキャピタル等の業界大手は、企業買収(バイアウト投資)等も行っており、買収ファンドの一面も持ちます。ベンチャーキャピタルは、未上場企業へ投資し、投資先の企業が上場(株式公開)することによって得られる上場益を主とした、ファンドの運用益を収益源とします。まさにハイリスクハイリターンを信条とする、アグレッシブな投資ファンドといえます。普通株式の引き受けが基本的な投資手法です。しかしながら、いわゆるCBの引き受けや、さまざまな設計の種類株等の引き受けも行います。自己資金を未上場企業に投資するケースと、投資事業組合(ファンド)を設立し、投資家から資金を集めて、ベンチャーキャピタルがそのファンドマネージャーとして未上場企業に投資するケースとがあります。このようなベンチャーキャピタルファンドは、金融商品としては、直接金融の中のオルタナティブ投資の一つであるプライベートエクイティの一形態として位置付けられます。未上場企業に対して「出資」という形態で資金を投じるため、産業育成という役割が非常に大きいといえます。ベンチャーキャピタルが出資先ベンチャー企業の経営に深く関与する場合もあります。このような投資スタイルは「ハンズオン」と呼ばれています。時には投資担当者が投資先企業の社外取締役に就任して経営の一端を担う事もあります。【日本のベンチャーキャピタル】日本におけるベンチャーキャピタルは、その多くが銀行、証券会社などの関連会社です。そのほかに、事業会社系、商社系、通信系、政府系、独立系などのベンチャーキャピタルが存在します。1963年に政府の特殊法である中小企業投資育成会社法によって設立された、東京中小企業投資育成、大阪中小企業投資育成、名古屋中小企業投資育成の3社がベンチャーキャピタルの草分け的存在であると言われています。民間のベンチャーキャピタルで最古のものは1972年の京都エンタープライズディベロップメント(KED、1979年解散)で、現存するなかではジャフコ(当時は日本合同ファイナンス)が最初です。ベンチャーキャピタルの社会的役割の成長に比べ、業界の組織化は遅れていました。2002年11月に日本における業界団体としては初めての日本ベンチャーキャピタル協会が設立されました。しかし、業界最大手のジャフコが加入していないなど、まだまだ問題点はあります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行