トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > た行 > 手形貸付

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

手形貸付

手形貸付とは、借入用の手形を銀行に差入れ、融資を受けるという方法です。手形貸付の場合は一年以内の短期資金という名目で手形借入することになります。会社で賞与資金などを調達するために手形貸付が利用されます。この場合長期借入は行わず、原則短期資金借入となります。銀行などの金融機関は、まず弁済期を支払期日とします。そして手形の満額から満期日までの利息を差し引いた額を、企業等に貸付します。手形貸付は短期利用ですし、借用証書による貸付よりも印紙税が安いという特徴があります。このような理由から、手形貸付は会社の運用資金の調達手段として、中小企業によく利用されています。【手形貸付の返済方法】手形貸付の返済方法には、分割返済と一括返済という二つの返済方法があります。手形貸付の分割返済を選択した場合は、銀行などの金融機関と相談のうえで、例えば1ヶ月ごと、3ヶ月ごと、6ヶ月ごとなど、臨機応変に決めることができます。運転資金の場合は、例えば売上が1年にわたって発生するので、期間1年で仕入資金を借りて毎月返済するというように取り決めます。また、決算・賞与資金の場合、税金支払・賞与支払のために融資を受けますが、それらは6ヶ月ごとに発生するのが通常であり、基本的には6ヶ月の分割返済となります。一括返済の場合は、経常運転資金を借り入れる場合によく使われます。経常運転資金の場合は、商売が継続している限り常に必要となっているものであり、1年後に一括返済と取り決めしても、返済の原資がないため、期限が来たら同額で借り換えるというように、いわゆる「ころがし」「ベタ借り」となるのが通常です。【手形貸付の実行手続き】手形貸付で融資を受ける場合、不動産担保などの物的担保がいらないという特徴があります。ただし保証人については原則1名以上の連帯保証人が必要となります。1年超の期間で貸し出される長期借入金である証書貸付などの際には、保証人の署名捺印や印鑑証明書の提出などが必要になります。この点、手形貸付であればこのようなわずらわしさがなく、書類上も手続き上も大変楽な契約だといえます。また銀行などの融資をする側にとっても返済期間の長い長期資金の貸付と比べて、返済期間が短い短期貸付のほうが貸倒のリスクが少ないと考えられます。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行