トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > か行 > 金融

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

金融

金融とは、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通することです。金融を事業として行っている企業や団体として、銀行や証券会社、保険会社などがあり、総称として金融業(金融機関)と呼ばれます。空間上のお金の流れを指す為替に対する概念として、時間上のお金の流れを指す場合があります。金融は金銭の融通を意味します。様々な経済活動の結果、資金が不足する者と資金が余る者とが発生しますが、その両者を結び、資金が必要とされるところへ配分させる機能があります。資金不足とは、経営状態が悪化したためではなく、投資活動の結果起きるものを指します。融通された資金は何らかの形で貸手へ利益をもたらすことが前提とされます。金融は借手と貸手の関係から「直接金融(株式・債券)」と「間接金融(銀行借入)」に大別されます。また、同様に借手の調達方法で「自己資本(出資(株式など))」と「他人資本(融資(銀行借り入れなど)・債券)」にも分類されます。資金を拠出した側の利益は金利、配当が代表的です。これに関連して、株式のキャピタルゲインなど派生的な利益があります。また、金融を仲介した者は、利ざやや手数料などを得ます。また、これらの軸となる資金融通に関連して、株式や債券、デリバティブの取引があり、これも金融に含まれます。広義では、政府や企業、個人、組織などの経済主体がお金を調達し予算を配分し使用することによって生じるお金の流れ全体のことを金融を呼びます。そのため、金融業だけでなく政府に関連する財政、事業会社の活動、個人の家計も金融の一部です。金融は、お金の「調達」、「配分」、「投資」/「融資」という3つの活動に分けて捉えられています。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行