トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > 社債

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

社債

社債とは、一般事業会社が設備投資や運転資金等を調達するために発行する債券です。このうち、確定利息の支払いがあり、満期があるなど債券の基本的な特徴をもったものを普通社債と呼んでいます。普通社債の満期までの期間はまちまちで、利率も発行会社の信用力や発行時点の金利情勢などによって異なります。社債には以前に転換社債(CB)と呼ばれていたような株式に転換できるものもあります。転換社債は2002年4月の商法改正により、非分離型の新株引受権付社債(ワラント債)と合わせて「新株予約権付社債」となりました。このうち転換社債タイプの新株予約権付社債は「転換社債型新株予約権付社債」と呼ばれます。公募債発行の際、社債を引き受ける証券会社などは、社債発行が可能かどうか引受審査を行い、利率や償還年限などの発行条件の決定、さらに投資家への募集を行うといった仕事があります。通常、社債を発行する企業は、複数の幹事証券会社と契約します。そのうち中心的な役割を果たすのが主幹事証券会社になります。社債にも個人専用の債券があります。企業も資金調達のための裾野を拡大するため、個人向けに普通社債を発行する企業が増加しています。2008年の個人向け社債の発行額は過去最高の約1兆3千億円に上っています。大企業発行の個人向け社債は比較的リスクが低く、比較的高利回りであるため、魅力的な投資先となっています。ただし、個人がこの普通社債への投資をする際には、いくつか注意が必要です。個人向け国債などの国債は国が発行していることで国の信用力が背景にあります。これに対し社債はその企業の信用力を背景に発行しているので、その信用力を確認するためにも、格付などが重要となります。また、償還期間や利子の確認も必要となります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行