トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > は行 > 変動金利

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

変動金利

変動金利とは、最も一般的な住宅ローン金利タイプの一つです。変動金利は、借入期間中に金利が変動するため、毎月の返済額も変動していきます。しかしながら、毎月、金利や返済額が変わるわけではありません。金利は、基本的には半年ごとに見直されます。また、返済額は、5年ごとに見直しを行いますので、5年間の返済額は変わりません。そして、6年目になると返済額が変わりますが、それまでの返済額の1.25倍が返済額アップの上限とされています。つまり、毎月の返済額が、100,000円の場合は、125,000円が返済額アップの上限となります。返済額の上限が1.25倍までとなっているのは、リスクヘッジになっており有利なことだと感じるかもしれませんが実態は異なります。金利がそれ以上に上昇している場合は、返済額が金利(住宅ローンの利息)の返済にばかり充当されてしまうために、元金がなかなか減らないという現象が生じてしまう事も考えられます。変動金利は、金利上昇時には、返済額が増えてしまうために不利となってしまいますが、逆に、金利下降時には返済額が減るために有利となります。つまり、住宅ローンを借入するときの金利が高い場合には変動金利、住宅ローンを借入するときの金利が低い場合には固定金利を利用するのが、一般的な考え方です。住宅ローンの金利が高いならば借入後に金利が下がっていく可能性が高いですし、逆に、金利が低いならば、借入後に金利が上がっていく可能性があるので、低い金利で固定したほうが良いといえます。この変動金利型の住宅ローンは、住宅ローンを取り扱う金融機関であれば、ほぼすべてにおいて取り扱っています。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行