トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > 私募債

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

私募債

私募債とは、50人未満の投資家あるいは適格機関投資家のみに販売される社債のことです。中小企業の銀行借入以外の資金調達法として注目されています。(社債発行は株式会社のみに認められています)私募債の発行方法としては、少人数私募債(縁故債)と信用保証協会が債務保証する特定社債保証制度(私募債)があります。少人数私募債は取締役会の決議(決議内容を明確にする議事録の作成が必要)などだけで発行でき、投資家はその企業をよく知っている縁故者であるがゆえに銀行とは違った視点で社債を引き受けます。そのため、銀行からの借入が円滑でない企業も少人数私募債発行が成功する可能性もあります。また、投資家へのディスクローズも重要になります。特定社債保証制度(私募債)は、信用保証協会が取扱金融機関と共同保証方式(保証割合=保証協会90%:金融機関10%)で保証をつけ機関投資家に社債を発行するものです。発行にあたっては、適債基準(純資産額、自己資本比率、純資産倍率等の指標)をクリアしなければなりません。社債発行限度額は5億円、期間は7年以下、担保は原則2億3千万未満の発行については不要、保証人は不要といったような条件になっています。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行