トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > た行 > 提携カード

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

提携カード

提携カードとは、クレジットカード会社が企業その他の団体と提携し発行するクレジットカードです。クレジット会社のサービスに加えて、提携する企業その他の団体のサービスが受けられるメリットがあります。提携カードを「コ・ブランドカード」及び「アフィニティーカード」(アフィニティカード)に区別する場合もあります。例えば、小売店のポイントカード機能や銀行又は共同組織金融機関のキャッシュカード機能、特定の企業や学校の身分証や入館証などをそれぞれ単なる決済手段のクレジットカードに一体化することで、複数枚のカードを1枚にまとめられたり、キャッシュレス(クレジット)で買い物するだけで各々のマイレージプログラムの無料航空券などと引き換えられるなどで、およそ10年前に日本でのマイレージプログラム登場以来、会員を増やし続けている類のカードでもあります。提携元(販売店側など)にとっては、ポイントカードや身分証の発行コストをカード会社に一部(或いは全額)転嫁できたり、該当する提携カードで会員が提携元店舗を利用した場合、提携先のカード会社から控除される手数料を通常のクレジットカード利用分より優遇されたり、提携元が提携先のカード会社へ委託することによって該当のカード会員へのセールなどのダイレクトメールを送付することが容易にできるなどのメリットがあります。但し、字の如く「提携カード」なので、クレジットカード会社と提携先の間で会員に関する情報(信用情報などを除く)が相互に利用される場合があります。提携元によっては、提携カードに関する事業を行う会社を子会社として設立したり、提携するクレジットカード会社と折半出資して設立する場合もあります(前者は阪急阪神カード、後者はヤマダフィナンシャルなど)。これらは社名からクレジットカード会社であると誤解され易いですが、クレジットカードを発行するのは飽くまで提携するクレジットカード会社です。尚、他のクレジットカード会社のフランチャイジー(FC)として発行するクレジットカードは、そのクレジットカード会社のプロパーカードであり、提携カードではありません。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行