トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > あ行 > 売掛債権担保融資保証制度

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

売掛債権担保融資保証制度

売掛債権担保融資保証制度とは、2001年の中小企業信用保険法改正(平成13年12月7日法律第146号)によって創設された制度で、中小企業者が売掛先に対して保有している売掛債権を担保として金融機関が融資を行う場合に、その債務を信用保証協会が保証することで、中小企業の資金繰りの円滑化を図ることを目的としています。略称は「売債(うりさい)」です。中小企業者が、自ら保有する売掛債権を担保として金融機関から借り入れを行う際に、金融機関を通じて信用保証協会に保証の申込みを行います。保証割合は、借入金額の9割であり部分保証と呼ばれます。中小企業者が借入金を返済できない時は信用保証協会が金融機関に貸付残高の9割を代位弁済するとともに、金融機関及び信用保証協会は売掛債権から回収を行います。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行