トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > あ行 > アドオン方式

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

アドオン方式

貸付金額に貸出期間と利率をかけて算出した利息額と、貸付金額を合わせた総額を割賦回数で均等分割して1回の返済額を決める金利計算方法です。 最初の元本の金利の割合を計算します。 アドオン金利は20%(4000÷20000×100)となり、これを年利にするとアドオン年利は24%(20×12/10) 返済回数が増し債務の元金が減るにもかかわらず借入れ当初の元金に基づいて金利計算が行われているため「元利均等返済」や「元金均等返済」に比べると金利の額が大きくなります。そのためアドオン方式の計算が安易で誤解を与えることから現在はアドオン金利の表示を禁止し、実質年利のみの表示を義務付けられています。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行