トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > た行 > つなぎ融資

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

つなぎ融資

つなぎ融資とは、住宅ローンを申し込んだ金融機関から融資金が下りるまでの間、一時的に借りるローンのことです。住宅ローンは、住宅に対して抵当権を設定するので、工事請負契約の場合は、住宅が完成するまで、融資が実行されません。そのため、まずはつなぎ融資で代金を支払い、家を自分の名前で登記すると、その家を担保として金融機関から融資を受けることができます。銀行から融資が下りたら、それでつなぎ融資の借入を返済します。このつなぎ融資にも数万円~十数万円程度の利息がかかってしまうこともあります。そこで、新築を買う場合には、不動産会社が買い手の代わりに金融機関からの融資資金を受け取ることを条件に、代金支払い前に登記を認める「代理受領」という方法をとってくれることがあります。代理受領ができるかどうかは不動産会社ごとに対応が異なります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行