トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > 質権

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

質権

質権とは、担保物件の一類型であり、民法に規定のある典型担保物件です(第342条)。債権の担保として質権設定者(債務者または第三者)から受け取った物(質物:不動産でも動産でもよい)を質権者(債権者)が占有し、その物について他の債権者を差し置いて優先的に弁済を受けることができる権利です。目的としては抵当権と共通します。しかし、占有の移転が要件となる点で抵当権とは異なります。質権では質権者が目的物である質物を占有し、債務者が弁済期に債務を弁済しなければ質権設定者(通常は債務者)は当該目的物(質物)の所有権を失います。この心理的圧迫によって弁済を強制することを留置的効力といいます。また、質権者は質物を換価(原則として競売)し、その代金から優先弁済を受けることでき、これを優先弁済的効力(優先弁済権)といいます。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行