トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > あ行 > エンジェル税制

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

エンジェル税制

エンジェル税制とは、ベンチャー企業による個人投資家からの資金調達をサポートし、促進するために1997年に創設された税制優遇措置のことです。ベンチャー企業の新規発行株式を取得した個人投資家は、投資時点と売却時点に優遇措置を受けることができます。2005年にエンジェル税制の根拠となる「中小企業の創造的事業活動の促進に関する臨時措置法」が改正されています。優遇措置の例として、売却時点で損失が発生した場合、公開前に当該株式の譲渡により生じた損失を、その年の翌年以降3年にわたって繰り越して、他の株式譲渡益から控除できる特例を受けることができます。エンジェル税制の対象となる企業は、設立10年未満の中小企業者であることや、未上場の株式会社であること、外部からの投資を投資時点で1/6以上取り入れている会社であること、風俗営業等を行っていないことなどがあげられ、また、対象となる個人投資家は、金銭の払い込みにより対象となる企業の株式を取得していることや、投資契約を締結していることなどがあげられている。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行