トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > あ行 > L/C(エルシー)

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

L/C(エルシー)

L/C(エルシー)とは、Letter of Credetの略で、貿易決済を円滑化するための手段として、銀行が発行する支払確約書のことです。信用状ともいいます。貿易取引は、相手が遠隔地にいるため、商品を発送しても買い手がちゃんと支払いをするかどうかを確証する手段に乏しく、このために発達した手段が荷為替手形という方法ですが、これに銀行による信用供与を加えてさらに確実にした手段がL/C決済です。L/C取引により、輸出者は船積みと同時に輸出代金を回収することができるほか、輸入車にとっても、輸入代金を前払いする必要がなくなるメリットがあります。L/C取引は通常、1.輸出者は船積書類を引き渡す。輸入者は船積書類を用いて貨物の輸入通関と引き取りを行う。2.発行銀行が買取銀行に買取金額を支払う。買取からこの支払完了までにかかった金利は、L/Cに規定された内容に従って、輸出者又は輸入者に別途請求される。といった手順を追って行われます。L/C取引の注意点としては、「書類取引の原則」、「独立抽象性の原則」が挙げられます。「書類取引の原則」…L/C取引は、書類取引であって、実物取引とは独立しています。即ち、銀行は書類審査を行うのみで、実際に船積された貨物をチェックしたりましません。このため、L/Cと船積書類の内容が一致してさえすれば買取を行うし、書類のタイプミスを含む不一致(ディスクレ)がある場合は、買取を行わない場合があります(厳密一致の原則)。その場合は、当該手形は取り立て扱い(輸入者が支払いを行うまでは、代金が回収できない)となります。ただし、不一致が著しいものでない場合は、買取銀行は発行依頼人に電信等で確認するか(ケーブルネゴ)、輸出者に保証書(Letter of Guarantee:L/G)を差し入れさせる(L/Gネゴ)かして、買い取る場合があります。独立抽象性の原則…L/C取引と売買契約は別個の取引であるため、売買契約が破棄されても、L/C取引は有効です。このため、契約が破棄された場合は、L/Cについても取り消されなければなりません。しかし、一般的には取消不能信用状(irrevocable L/C)が発行されるため、L/Cに気差の有効期限まではL/Cは有効であり続けるのが普通です。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行