トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > CBO

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

CBO

CBO(Collateralized Bond Obligation)とは、複数の社債を裏付資産として発行される資産担保証券の一種です。担保資産となる社債については、新規発行のものを利用するケースと既発行のものを利用するケースがあります。いずれにしても集められた債券プールが生み出すキャッシュフローの充当順位を工夫し、高格付部分と低格付部分を作り分けることにより、投資家のニーズに合った商品の提供が可能となります。高格付の債券をシニア債、中間のものをメザニン債、低格付のものをジュニア債と呼びます。利金や償還金は、シニア債→メザニン債→ジュニア債の順番で支払われます。よって発行体が同一でありながら、優先順位の異なった債券には、それぞれ異なった格付が付けられています。日本のCBO市場は、新規発行社債を利用したCBOが中心であって、低格付企業の社債単独発行が困難な場合でも、CBOに参加することで資本市場からの資金調達が可能となり、信用力の低い中小・中堅企業にも社債発行の道を開いたとして、注目されています。投資家保護を図り、社債市場の健全性を維持するため、社債発行会社は財務内容の優れた一定の信用力を有することが前提になります。そのため、CBOの参加基準は貸出債権を証券化の対象とするCLOよりも厳格であることが一般的となっています。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行