トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > ら行 > 路線価

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

路線価

路線価とは、街路に沿接する標準宅地の単位地積あたりの適正な時価に基づいて付設された価格です。路線価には固定資産税における路線価と、相続税における路線価の2つがあり、固定資産税路線価については各市町村が算定し、相続税路線価については、各国税局がそれぞれ算定しています。ちなみに、公的土地評価について相互の均衡と適正化が図られるよう努めるという土地基本法第16条の趣旨等を踏まえ、相続税においては1992年度(平成4年度)から地価公示価格の8割を目途に、固定資産税においては平成6年度の評価替えから地価公示価格の7割を目途に、それぞれ評価を行っています。主要な街路の路線価は、標準宅地前の路線であるため鑑定価格等により求めますが、その他の街路の路線価は、主要な街路と価格形成要因を比べることにより求めます。価格形成要因は、●道路幅員や舗装などの道路要件●最寄駅からの距離や大型店舗距離などの交通・接近条件●下水道やガスの供給などの環境条件●都市計画用途や建ぺい率・容積率などの行政的条件があります。つまり、これらの要因は、画地計算時に補正を行う前にすでに路線価に反映されていることになります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行