トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > ら行 > 労働金庫

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

労働金庫

労働金庫(労金/ろうきん)とは、日本において預金の受け入れ、資金の移動や貸し出し(融資ローン)、手形の発行などを行う金融機関の一つであり、その根拠となる労働金庫法に基づく業務を実施しています。手形・小切手法の適用においては、銀行と同視されます。基本的には労働組合(労組)や生活協同組合(生協)などが会員となる非営利組織(共同組織)であり、株式会社である銀行とは組織形態が異なります。また、同様に共同組織形態をとる信用金庫は、会員の対象を営業地域内としていますが、会員の構成は異なります。利用対象は、会員である各組合等および一般勤労者で、労働金庫の営業の地域に所在、居住しているか、在勤している場合となります。制度の当初は会員である各組合等またはその構成員であることが取引の条件となっていましたが逐次緩和され、通常は構成員でない勤労者も個人として会員となることができます。また、一般に預金積金や為替等の取引は、非会員も利用することができます。ローンについては与信の都合で所属団体の確認を必要としており、ここが他の金融機関と違う点でありますが、会員としての有利が点が多数あります。財形貯蓄に関しては一般の金融機関と同様勤労者財産形成促進法に基づき取り扱っており、勤務している会社との事務取り扱いが整えば、その企業に勤務する従業員等誰でも口座をもつことができます。日本各地の労働金庫は、社団法人 全国労働金庫協会を構成します。労働金庫連合会は、労働金庫の「中央金庫」であり、従来、会員として同会を構成する都道府県単位の組織となっていましたが、システム投資の固定費用負担や、都道府県ごとの労働人口や組織基盤の疎密に対応するため、地方ごとの広域合併を行った金庫が多くなっています。また将来的に、労働金庫連合会にすべての労働金庫を統合して、「日本労働金庫」(仮称)として、日本全国において営業する形態に発展させる構想があります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行