トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > CDO

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

CDO

CDO(Collateralized Debt Obligation)とは、金銭債権で構成される資産を担保として発行される証券(資産担保証券、ABS)であり、証券化における商品の一つです。債務担保証券ともいいます。担保資産(裏付資産)が債券類のみで構成される場合にはCBO(Collateralized Bond Obligation)と呼ばれ、同じく貸付債権のみで構成される場合はCLO(Collateralized Loan Obligation)と呼ばれますが、CDOはこれらを包括した商品です。複数の公社債、または貸付債権(ローン)などの資産を保有するオリジネータ(原資産所有者)が、それらをSPVに譲渡し、それらの資産を裏付けとして発行した社債の売出、信託受益権の譲渡などを行うことで、投資家から資金調達をすることが可能になります。また、それらの資産のキャッシュフローのみを原資として、投資家への利払い、原本償還に充てるといったことが可能になるため、投資家への元利払いが当該資産より不能になった場合でも一般的にはオリジネータの他の資産には影響を及ぼしません(ノンリコース)。逆に言うと、当該SPVはオリジネータからバンクラプシーリモート(倒産隔離)されているという事であり、オリジネータのデフォルトリスクが直接的にも間接的にもSPVに対して影響を与えないようになっているということです。CDOは、証券化商品として、優先劣後構造を持っていることを特徴とします。CDO全体から、シニア債(受益権)、メザニン債(受益権)、劣後債(受益権)といった形でトランシュ(tranche)毎に分かれた債権、受益権に分割し、売り出されるのが一般的です。優先劣後構造は、CDOを構成するアセットにデフォルトやクレジットイベント等が発生した際に元本が優先的に確保される順位を設定しているものであり、シニアから順番に優先的に元本が確保されます。つまり劣後部分についてはかなりのリスク断崖リスクがあるため、利回りも高いものとなっています。シニア部分やメザニン部分には高格付が付与されることが一般的であり、機関投資家の投資対象となっています。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行