トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > CLO

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

CLO

CLO(Collateralized Loan Obligation)とは、資産担保証券の一種です。金融機関が事業会社などに対して貸し出している貸付債権ローン)を証券化したもので、ローンの元利金を担保にして発行される債券のことです。金融機関にとっては、元来流動性の劣る貸出資産を、ローンより市場性の高い債券の形態にすることができるので、より機動的に資金を調達することができるというメリットがあります。実際には、銀行が保有する多数の借入人に対する貸付債権を一括して(もしくは、一旦、貸付債権信託受益権の形にして)SPCに譲渡し、SPCがこの貸付債権等の譲受代金を調達するために社債を発行します。そしてこの社債は証券会社を通じて内外の機関投資家などに販売され、投資家はローンからの元利金を受け取るという仕組みが一般的です。CLOは、シニア債・メザニン債・劣後債といった支払優先順位の異なる数種類の債券が組成されます。ローンからの元利金は支払優先順位の高い順に支払われます。よって発行体が同一であっても、階層の異なる債券ごとに、それぞれ異なった格付が付与されています。CLOは、リスク・リターンの選考が異なる様々な層の投資家に対して、投資機会を提供することができ、個別企業の発行する債券にはない投資機会を提供することができるとされています。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行