トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > ら行 > ローンカード

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

ローンカード

ローンカードとは、貸金業者(消費者金融を除く)が発行するローン(融資)専門のカードです。ただし、この名称を銀行や共同組織金融機関と同様に「カードローン」としているものもあります。主に信販やクレジットカード会社などが発行するものであり、これらが発行するクレジットカードと同様の審査を行っていますが、ショッピングに利用することができないものがほとんどです。消費者金融に抵抗のある人をターゲットの一つとしており、状況によるものの、消費者金融からの借換え・一本化として扱ってもかまわないなどの柔軟性もあります。審査の上、所定の限度額の範囲で繰返し借り入れることができます。返済は、ほとんどがリボルビング払いによるものであり、完済(借入残高が0円)となるまで、毎月の約定返済日に口座自動振替やATMでミニマムペイメント(最低支払額)を支払う形となります。利息(実質年率)は借入残高に対して日割り計算で毎日発生する商品がほとんどであり、借入当日や数日間などの場合には利息額はわずかですが、借入額が高額で返済が長期にわたる場合は利息の影響で元金(借入残高)は減りにくくなります。ATMや振込によって都度返済することも可能です。大口需要向けに、不動産などに抵当権を設定する有担保型のローンカードもありますが、貸出金利が銀行融資によるものと比べ高利な傾向があります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行