トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > か行 > 過剰貸付け等の禁止

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

過剰貸付け等の禁止

過剰貸付け等の禁止とは、貸金業法第13条第1項には「貸金業者は、資金需要者である顧客又は保証人となろうとする者の資力又は信用、借入れの状況、返済計画等について調査し、そのものの返済能力を超えると認められる貸付けの契約を締結してはならない。」と規定されており、貸付の限度額についての具体的な規定はありません。金融庁のガイドラインでは、過剰貸付けの判断基準について次のように定められています。(1)貸金業者が貸付けを行うに当たって、当該貸付けが資金需要者の返済能力を超えると認められるか否かは、当該資金需要者の収入、保有資産、家族構成、生活実態等及び金利など当該貸付けの条件により一概に判断することは困難であるが、窓口における簡易な審査のみによって、無担保、無保証で貸し付ける場合の目処は、当該資金需要者に対する1業者当たりの貸付けの金額について50万円、又は、当該資金需要者の年収額の10%に相当する金額とすること。(2)顧客に対し、必要とする以上の金額の借入れを勧誘してはならないこと。(3)無担保、無保証の貸付けを行うときは、借入申込書に借入希望額、既往借入額、年収額等の項目を顧客自らに記入させることにより、その借入意思の確認を行うこと。(4)無担保、無保証の貸付けを行うときは、信用情報機関を利用して、顧客の借入状況、既往借入額の返済状況等を調査し、その調査結果を書面に記録すること。 これは要するに、店頭での簡単な審査だけで、無担保、無保証の貸付けを行う場合には、1業者について50万円または資金需要者の年収の10%以内の限度額で貸付けを行うように規定しているということです。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行