トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > た行 > 代理貸付

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

代理貸付

代理貸付とは、金融機関が他の金融機関(政府金融機関、共同組織金融機関の中央機関など)と業務委託契約することで、委託金融機関の資金の貸付、管理回収の一切を代行することです。法律上の性格は貸付業務の委託となります。代理貸付の典型的なものとしては、日本政策金融公庫など、一定の目的を持った政府金融機関の代理貸付をあげることができます。代理貸付の委託金融機関は店舗網が限られており、市中の金融機関を通じてその活動を行うこととし、貸付の申込受付、実行、管理、回収などを委託します。受託金融機関は、自己の業務の範囲が広がり、資金的にも有利となるため利用価値が大きいといえます。受託金融機関は貸付金の管理、回収について善良な管理者としての注意義務のほか、業務委託契約により元利金の回収に一定割合の保証責任を負うことが多く、一般の貸付と同様の注意と管理が必要になります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行