トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > あ行 > 一般財形貯蓄

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

一般財形貯蓄

一般財形貯蓄とは、勤労者財形貯蓄制度の1つで、勤労者財産形成促進法に基づき、勤労者の貯蓄や持家取得の促進を目的として、勤労者が事業主の協力を得て賃金から一定の金額を天引きして行う貯蓄です。要件は、勤労者であること、賃金から天引きで預入れすること、3年以上の期間にわたって、毎月又は賞与期ごとに預入をすることです。対象となる金融商品は、定期預金、貸付信託、国債や地方債、生命保険や損害保険などがあります。3年以上保有している一般財形貯蓄については、勤労者が任意に他の一般財形貯蓄の商品へ預け替えすることが可能です。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行