トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > は行 > 複利

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

複利

複利とは、複利法によって計算された利息のことで、金銭の貸借期間中、ある一定期間(半年や1年)ごとに利息を元本に組み入れ、その合計に対して利息を計算する方法のことです。重利(じゅうり)とも言います。貸金業法第14条および出資法第5条第6項には、一年分に満たない利息を元本に組み入れる場合が想定されており、複利の約定自体が禁止されていないことは自明ですが、単利の場合と同様に利息制限法および出資法の上限利息の制限を受けます。また、民法第405条は、当事者の約定がなくても、一年以上の利払いの延滞および債権者による催告を要件として、利息を元本に組み入れることができると定めています(法定重利)。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行