トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > サラ金

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

サラ金

サラ金とは、サラリーマン金融の略で、消費者金融の通称です。1970年代頃、消費者金融はサラリーマンを対象とした業者が多いとして「サラ金」と呼ばれていました。しかし、1980年代頃からは、女性(OLや主婦)や自営業者などの契約も多いとして、「消費者金融」の名称が多く使用されるようになりました。その背景には、過剰な融資や高金利、過酷な取り立てにより、「サラ金地獄」という言葉がたびたび使われるようになり、「サラ金」のイメージが著しく悪くなったことから、業界が新たな名称として「消費者金融」の使用を推し進めたことがあります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行