トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > か行 > 貸金業

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

貸金業

貸金業とは、金融の形態の一つで、消費者や事業者を対象に金銭を貸し付ける(融資を行う)ことを専門に行う事業(銀行、信用金庫等を除く)です。融資は行うが預金の受け入れはしない金融機関が該当します。預金により貸付原資を調達する銀行(バンク)に対し、貸金業事業者は資金調達を銀行からの借り入れや他の金融市場(社債や増資など)で行います。そのため別名「ノンバンク」ともいいます。事業には、貸金業法第3条に基づく国(内閣総理大臣)あるいは都道府県知事への登録が必要となります。登録先は大手業者のように、複数都道府県に営業所を置く場合は内閣総理大臣(45条の規定で実際には金融庁長官に委任され、最終的な登録業務は本店所在地の財務局長に再委任されている)、一つの都道府県内に営業所を置く場合は都道府県知事(兵庫県は本店所在地の県民局長)となりますが、営業所設置都道府県以外での営業活動を禁止していないため、東京都知事登録でありながら他県にも営業活動を広げている例が多くあります。登録手続きの実務は、都道府県の貸金業協会を窓口に行われています。業態としては消費者金融、事業者金融(商工ローン)、クレジットカード、リース、抵当証券業などがあります。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行