トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > ら行 > 連帯債務

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

連帯債務

連帯債務とは、複数の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責任を負う債務です。連帯債務が念頭に置いているのは金銭債務であり、債権者は各債務者に対して債務の全額を請求することができます(民法432条)。債権が独立のもので、主従の差がなく、債権者は、一人に対する債権を譲渡できる点で保証債務とは異なり、保証債務より強力な担保となります。また、独立のものであるので債権者は一人に対する債権を分離して譲渡できます。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行