トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング用語集 > さ行 > 債務名義

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

キャッシング用語集

債務名義

債務名義とは、債権者に執行機関(執行裁判所又は執行官)の強制執行によって実現されるべき債権の存在および範囲を公的に証明した文書です。その種類は、民事執行法22条各号に定められており、「確定判決」「仮執行宣言を付した判決」「仮執行宣言付支払督促」「執行証書」などがあげられます。執行機関は迅速な執行のため、自ら債権の存否内容についての判断をするのではなく、他の国家機関(民事訴訟を担当する受訴裁判所や、公証人)が作成した債務名義に基づいてのみ強制執行を行います。債務名義がなければ強制執行手続きはできず、債務名義に表示されるのは、「実現されるべき給付請求権」「当事者」「執行対象財産ないし責任の限度」です。

■キャッシング用語インデックス
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行