トップページ > キャッシング基礎知識 > キャッシング業態別の特徴

キャッシング基礎知識

キャッシングに関する基礎知識をおさらいしましょう。

業態別の特徴

現在、様々な企業がキャッシングサービスを提供していますが、業態別に大きく分けると「銀行系」「信販系」「消費者金融系」「IT企業系」の4つに分類することができます。近年、IT企業系の金融サービスへの新規参入によって競争が激化し、各企業は利便性の高い商品を次々と打ち出すなど、サービスの向上が図られつつあります。各業態によって融資の方法や限度額、利率、審査などに特徴がありますので、自分にあったキャッシング選びの参考にして下さい。

メリットとデメリット

銀行系のキャッシング

銀行系キャッシングのメリットは、他の金融機関に比べて低金利で利用できる点です。融資限度額も高めに設定されており、また、銀行のATMが利用できるという利便性もあります。何より安心感は抜群と言えるでしょう。デメリットとしては、審査が厳しく柔軟な対応が望めない点が挙げられます。以前は融資実行までに時間がかかったり、必要書類が多い点などがありましたが、最近では審査も柔軟になってきた傾向があり、インターネットで申し込みができるサービスも登場し、即日融資も可能になっているので、利便性はかなり向上していると言えます。

信販系のキャッシング

信販系キャッシングのメリットは、使い勝手の良さに尽きます。信販系のキャッシングカードは多くがクレジットカードの機能も兼ね備えているので、1枚でクレジットとキャッシングの両方の機能が利用できます。また、融資限度額内であれば何度でも借入可能であり、コンビニや提携金融機関のATMやCDで利用できるため、全国で24時間入出金が可能という利便性が信販系の最大の利点でしょう。金利は銀行系より高め、消費者金融より低めに設定されており、融資限度額は銀行系より低め、消費者金融より高めに設定されています。デメリットとしては、消費者金融よりも審査が厳しく、融資実行までに時間がかかる点が挙げられますが、緊急を要さない限り、デメリットと感じるほどではありません。信販系キャッシングは銀行系と消費者金融系の中間に位置した存在と言えるでしょう。

消費者金融系のキャッシング

消費者金融系キャッシングのメリットは、審査の柔軟さと融資までのスピードが挙げられます。審査から融資まで僅か30分といった商品もあり、多くが即日融資可能です。また、大手企業の商品はコンビニや提携金融機関のATMやCDで入出金可能な商品もあり、利便性も高いと言えます。デメリットとしては、他の業態に比べ金利が高い点です。また、融資限度額も低めに設定されています。ただし、利息の計算が日割り計算となるため、借入から数日で返済可能な場合は消費者金融で借入をした方が金利は安く済みます。

IT企業系のキャッシング

IT企業系キャッシングのメリットは、来店不要で面倒な手続きもなく、インターネットで全て完結できる点です。審査から融資までとてもスピーディで、多くが即日融資が可能となっています。審査も比較的柔軟で、融資限度額は高め、金利は低めに設定されています。また、大手IT企業の商品ですので安心感もあります。店舗はありませんが、カードレスキャッシングサービスやオンラインでのサービスが充実しており、また、提携CDとATMも利用できるため、他の金融機関に劣らない利便性があります。デメリットとして、特に挙げるものはありません。新規参入の業態だけあって、様々なデメリットを排除したサービスになっています。